2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サスケがまた壊れた?
2015/02/06(Fri)
録音機器のサウンドスケッチャーの調子がまたおかしい
3年くらい前に、やはりおかしくなって修理に出したが、もう修理はしないことになっていると、新しい物と交換してもらった(無論有料)が…う~ん、またおかしい、電源が入ったり入らなかったり。
昨日、また練習録音しようとしたが、何度やっても電源が入らなくなってしまった
もしかすると、永遠に電源が入らないのかも、メーカーも交換用の在庫はもうないだろうし…。

この2日に弾いたショパンの「華麗なる円舞曲」がサウンドスケッチャー最後の録音かもぉ…ということで、かなりの妥演ではありますが、ここにアップしておきます  
何かなぁ、とても焦った演奏(*´_`)

サウンドスケッチャー、個人的には好きだったんですよね。ステレオ録音で、リバーブもかけられ、ミスや汚い音が結構もやもやして誤魔化せてるかな?って(~。~)

あ~これからどうしよう…(-"-;)


スポンサーサイト
この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
タイースの瞑想曲
2014/09/09(Tue)
静か系の曲 第3段は マスネーの「タイースの瞑想曲」です

静か系の曲…旦那がリタイアして家にいることが多く、ピアノの練習、ガンガン系はちょっとはばかられるなぁ(*´_`)と、近頃静か系の曲が多いのです というのはいい訳で、ガンガン系が体力的に持たなくなってきたのか…?

うちにあった名曲小品集の中にある楽譜で弾きました、比較的簡単なアレンジなんでしょうが、ちゃんと弾けてない私(;^_^A でも、ほんとこの曲も美しい曲ですねぇ~~。


あと、「Concert1」に、「亡き王女のためのパヴァーヌ」もアップしました、こないだよりは少しよくなったかなぁ(*´_`)
「月光1楽章」のゆっくりバージョンもアップ…息を殺し続けて?このテンポで。内容はともかく(-"-;)、この私がよく耐えてるなぁって、記念に(笑)











この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
亡き王女のためのパヴァーヌ
2014/09/02(Tue)
すっかり更新が滞ってしまいました、もう9月ですねぇ。

先月末、姉の一周忌が行われました。早いものです。
姉家族と親戚、私の家族で、ほんと内輪だけで行いましたが、姉のところも小さい孫が3人、うちもまごいち を連れて行ったので、お墓参りも食事も、ヤレソレと、まあ賑やかでした。…その方が、姉も喜んでくれたかも です。


静か系の曲第2段は(そんなのあったんか?笑)…ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」
何か、姉の命日にはちゃんとした演奏ができればなぁと思ってたんだけど…結局、間に合わなかったなぁ…そして、まだちゃんと弾けてないわけで(*´_`)

練習し始めて、こんな難しい曲だったんだと驚きました。
ゆったり系だけど、跳躍いっぱい、えっ?と思われる不協和音やリズム、これがラヴェルなんだぁと思いました。
特に、跳躍しながら旋律を歌わせるのが難しいです、ペダリングも! (暗譜してないしぃ、汗)。

だけど、厳かで本当に美しい曲です。 
最後、ff で終わるところがまた魅力かな。 
最期まで華麗なる王女だった、亡くなっても尚 人の心に響くものがある…?

もちょっと ましな演奏ができるよう、頑張ります…









この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
「月光」 1・2楽章アップ
2014/07/01(Tue)
かねてより、練習中だった「月光」の1楽章と2楽章をアップしましたぁ。

1楽章   
こういうゆったりで静か系の曲って、歌いあげが本当に難しいです。あんまり大げさなクレシェンドや大きな音は禁句なんだろうと思います。でも歌わなくては…。音色やタッチのタイミング、ペダリングが大事なのかもしれない。
で出しの付点のリズム、硬くなってしまってるし、その他色々と…何かな~~(*´_`) 

2楽章   
1楽章とは対照的に明るく軽快に弾かなくてはいけない。アーティキュレーションもどう取るか?なんでしょうが、自分なりに弾いてみました。「それは違うでしょう!」と言われそうですが…(汗)





この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
静か系の曲
2014/06/22(Sun)
旦那がリタイアして1年、はい旦那が四六時じゅう家にいるという生活、大分この生活に慣れましたが…ピアノの練習は少々はばかっております。
旦那の部屋はピアノの部屋の真上にあります。一応ピアノ室、防音はしているのですが、真上の部屋には結構漏れるんですよね(他の部屋は殆ど大丈夫なんだけど)
旦那「音は聴こえるけど、気にはならない」とは言ってくれてるんですけどね、どうも旦那に聴こえてるとなると、無心に弾けない、集中できない感じで…(*´_`)

練習では、弾けないフレーズを何回も何回も弾く、なんてことは当たり前で…耳ざわりだろうなぁ、またこの曲かよ、もう聴き飽きた 下手っぴぃ なんて思われてると思うと、練習に没頭できましぇん。まあ、下手っぴは下手っぴかもしれませんがぁ(-"-;)

なので、あのハードな音のハンガリーもここのところ練習してないんですぅ。あ~益々弾けなくなってしまっているぅ(*´_`)
で、ここのところ、練習してる曲、静か系の曲が多いです。こういう曲なら上の部屋にも殆ど聴こえないだろうな、ホッ。

ということで、練習中の「月光ソナタ」1楽章 です。いつかはちゃんとトライしなくてはと思ってた曲のひとつでもあります。
ピアニストによってテンポ物凄く遅~~い演奏もあります、う~ん、そこまでゆっくりで弾かなくてもいいのでは?と思ったりしましたが、私のは速過ぎ!(汗) 付点のリズムもっと正確に、というか歌い上げないといけない。内声の3連符を弾きながらだと難しい。

で、この機会に2楽章 も練習しました。
もっと軽やかさが欲しいところ、アーティキュレーションをどう弾くか でしょうか?

それにしても、調律したばかりなのに(切れた弦も張り変えてもらいました)何か篭った音です、やっぱ弾きかた悪いんだろか(汗)




この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
久々に動画を撮ってみました
2014/04/15(Tue)
「亜麻色の髪の乙女」の動画をアップしました。

しば~らく動画の作業をしてなかったので、忘れてしまいそうで(汗)…
思い出しながらやりました。

演奏内容は、こないだのMP3の演奏とは、また違った感じになったかも。
良くなったところもあれば、悪くなったところもあるなぁ…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んでもって、練習中の「ハンガリー狂詩曲」も、試しに撮ってみました、一発撮り。
案の定、途中パニクッってしまった、もう一度最初から録画しなおそうと思ったがシンドイので、やめた(*´_`)

ん~~~まだまだだわ…当たり前!

こう弾きたいという願望は、ある程度あるけど、今だに技術がついていけてない(ゆっくりの練習もしてるんだけどなぁ)。リズムの乱れ、左手ベース外しまくり、右手重音ちゃんとつかめず…などなど。

終盤の右手音階部分、右手が間に合わないとばかり思ってたら、左手の跳躍もしっかり間に合ってなかった、ぶ(汗) 今はまず左手が間に合うよう練習中。しかし、左手がある程度できるようになったとしても、右手の指、ちゃんとまわってくれるんだろか?? この部分、何故グリッサンドにしてくれなかったのかなぁ…と思う日々。

どう弾いたらよいかまだ未知の部分もあるし、べダルも、もっと工夫しないとイカンのだろうな。
YouTube などで聴いて参考にさせて頂いてもいいんだろうけど、どのかたもテンポすんごい速さ。再生の響きの関係か?、どこでどう踏んでるのかよ~わからん。
で、テンポ、もし真似なんかしたら、余計ドツボにはまる に決まってる。だから、もう聴かないようにしてる(汗)


それにしても、いつも思うのだが、私、何ちゅう手の格好なんだろう、生演奏は勿論、ネットでも他のかたや友人の演奏動画を拝見させてもらったりしてるが、私のようなかたはまずいない!
何で、オクターブ弾くとき2・3指が上に反り上がるんだろう? あ~~見苦しい
むか~し師匠からも注意されたことがあったが…このクセって絶対に治らないんだろうと思う。まあ、今さらしょうがないか…。

大変見苦しく、そして大変お聴き苦しい動画ですが、観て同情して頂ければ幸いです(*´_`)
パニクッた途中部分は音楽になってないので、カットしました、ぶ。
※音量はあらかじめ小さくしといた方がいいれす 







この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
「亜麻色の髪の乙女」
2014/04/05(Sat)
ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」を Concert1 にアップしました、下の方です。

昔から素敵な曲だなぁって思ってましたが、譜を見ると♭が半端じゃない…譜面を開いても、ついつい閉じてしまって、そのうち~って。
でも、ここのところ、やかましい曲が多かったので、ゆったり系も少しは弾かなくては…と練習してみました。

因みに、「亜麻色」って、どんな色なのかな?調べてみたら ありました 

ふ~むぅ、乙女のこんな色の長い髪が、春風に吹かれてサラサラッと、あま~い香りまで漂ってきそう…オバサン、空想にふける(笑)。弾きながら、ルノアールやモネの印象派の絵を思い浮かべたり…あの何かモヤモヤっとした柔らかな雰囲気。

清らかで穏やかな旋律、が故に、躍動感の調和が難しいです。もっとペダルや音色も気をつけるべきだったかも…。

やはり、白髪染めでは無理があるのかもしれない(-"-;)  意味不明




この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
追記
2014/03/23(Sun)
どうでもいい事かもしれないんですが…

前の記事で、全音ピースの難易度「F」の事を書いてましたが、昔は難易度は「A」~「D」までになってたのを思い出しました。
父が買ってきてくれた「ハンガリア狂詩曲第2番」の裏を見たらこうなってました。
全く使用してないのに、縁が茶色くなってるし、シミもあります…時代を感じます、私の顔と同じじゃん(笑)
全音ピース旧


で、今現在のはこちら。
そそ、難易度、あくまでも目安!ですよねん。
全音ピース新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで、古いのと新しいのを見ていたら…
「ハンガリア狂詩曲第2番」は新しい方では「ハンガリア」が「ハンガリー」になってました。
私も実は、普段「ハンガリー」と言ってました。

それと、難易度はあくまでも目安と書きなから、やっぱし気になる私どす(笑)
「華麗なる大円舞曲」、難易度、旧版の方では「B」となってました…ずっと「B」か「C」ではないかと思い込んでいたというのは、先日書きましたが、それはこの記憶があったからかしら?
「B」は中級だけど、中級上の「C」が適当ではなかったのかと。現在の「D」は納得できまふ。

メンデルスゾーンの「厳格なる変奏曲」、お友だちが見事に演奏されてましたが、
やっぱり「F」だぁ、凄いなぁ、憧!




この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
ハンガリア狂詩曲第2番
2014/03/22(Sat)
この「ハンガリア狂詩曲第2番」全音ピース、思い出があります。
全音ピース、今は、この表紙ではないのはご承知のとおり。これは価格80円となってます.
ハンガリア狂詩曲第2番

そう、とて~~~っも古いです!

私が初めてピアノ教室に習いに行ったのは、小学校2年、その頃は家ではオルガンで練習してました。が、1年後、ピアノを買って貰えるということになりました。
当時、うちの経済事情からは、新品のピアノなんて、とても手が出ませんでした。ヤマハの中古ピアノでしたが、届いた日は、嬉しくて夜遅くまで弾いていた記憶があります、
亡き父に感謝。 

で、父がピアノを注文しに行った時、その楽器店で、買ってきてくれたのがこの全音ピースです。 (なので、半世紀前の楽譜…あ、おおよそ!ですよ、笑)
・ ひとつは私が頼んでいた「エリーゼのために」
  当時、最初の8小節をさぐり弾きでしか弾けなかったので。
・ そして、もうひとつがこの「ハンガリア狂詩曲第2番」でした、頼んでないのに。
何で、バイエルやってる小3の私に、これを??
父、「一番難しい曲はどれですか?」とお店の人に聞いて、買ってきたと…えっ。
父、何か突拍子もないこと、時々する人でもあったなぁ…。

父は、長野の田舎で育ち、戦時中は海軍に、そして東京で普通の公務員、音楽とは結構無縁でした。音楽は学校で唱歌を歌ったくらいで、楽譜は読めなかったし、ピアノ曲も殆ど知らなかった。でも、晩酌の後、時々オルガンを片手で昔の曲を弾いて楽しんでいたことがあった。歌は結構上手だったけど。(父の父はマンドリンの愛好家だったらしい)

父が買ってきた「ハンガリア…」、中見たら、細かい音符がめいっぱい、♯もまだ2個か3個しか習ってなかっただろうに、いきなりこの数、分厚いし…何これ~~!?(@。@;)
…ということで、その後、この楽譜は、何十年も開かれることはありませんでした

因みに「エリーゼのために」のピースは、毎日開いて、ボロボロになって、やぶけたりして、今はないです。だけど、結局、まともに弾けるようになったのはかなり後かな(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んでもって、この「ハンガリア狂詩曲」、この歳になって、ふとトライし始めたわけですが…
練習は別の楽譜を使ってます、この全音ピースの方は、別の意味でお蔵入り状態です、これ以上劣化してはイカン(笑)

生前父に、それなりの演奏でも聴かせてあげたら、良かったんだろうけど…
いや、晩年は、父この曲を買ってきてくれたことも全く覚えてなかったろう。
もし、聴いても「ふ~ん、こんな曲だったのか」だったかもしれない。

「一番難しい曲」…確かに難易度「F]となってるが、「F」ランクの曲はたくさんあるし、世の中、他に難曲はいっぱい、難しさの種類や意味もまたそれぞれ異なるし、とにかく「一番」ではないと思う。(てか一番難しい曲とランク付けするのは不可能なハナシだと思っている)
店員さんも、有名どころだったので薦めてくれたんだろう。

が~~!私にとって、やっぱり かな~~~り、ムズイ!(-"-;)
譜読みも苦手な♯系、跳躍の嵐、ゆっくり過ぎるのもこの曲らしさが出ない、かと言って、テンポ上げると、跳躍外すし、特に終盤の右手の3オクターブの音階まに合わなさすぎ(*´_`)
弾きならがら、センチメンタルになるのもイカン、てか、おセンチになっていてはとてもじゃないけど弾けない。そして、狂詩曲らしく弾きたいけど、が故に、より冷静な気持ちを持たないと…。

父はとんでもないもの、残してくれたなって。 (* ̄▽ ̄*)

練習の途中経過で、途中までです、以下はあまりにも酷すぎ(-"-;)
もっとアクのある華麗な演奏ができたらと思うが、遠い目。
今月までの期間限定   

音源は削除いたしました o(_ _ )o 4/5





この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
「華麗なる大円舞曲」
2014/03/07(Fri)
「華麗なる大円舞曲」cncert1 にアップしました。

小犬のワルツと並ぶ人気の曲、発表会などでも、よく弾かれる曲ですよね。
子供のころ(いや大人になってからも)譜読み程度に弾いたりしたことはありましたが、レスナーとしても、ちゃんと弾けるようにしておかなければと、練習し始めました…
が~~、かなり難曲だったというのが感想(*´_`)

全音のピースで難易度を確認したら、「D」でしたよ、なるほど~って。
イメージ的には「B]か「C]かなって思ってたのですが(汗)
ネットで「幻想即興曲より難しいのでは」と書いていたヒトも。わかるような気がしますぅ。

右手の旋律、私、特に3・4の指の独立が今いちで、モーツァルトをつぶを揃えてかっちり弾かなければならないのに似たプレッシャーを感じつつの練習でした。同音連打も怪しい~、コーダのあの部分、いつも確実に弾けないしぃ(汗)

で、旋律ばかりに気をとられていると、ワルツで重要な1拍目の左のベースを外したり、かすれたりで…結果、「華麗なる…」ではなく、「加齢なる大円ぶ~曲」となりました(*´_`)


個人的にはあまり好きくない曲なので、 もう、おしま~い。




この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
練習中の「熱情1楽章」(汗)
2014/01/16(Thu)
練習中の「熱情ソナタ1楽章」です。
大変お聴き苦しいですが、宜しければどぞ。

一応、こう弾きたいというイメージはあるのですが…
こうやって聴いてみると、技術的に追っつかない箇所が多々あるのを痛感してます。
自分の弾ける範囲でコントロールして行くのも大事かな。

ベートーベン、読譜は難しくないんですが、ちゃんと弾きこなすとなると、本当に難しい。
やはり、巨匠ベートーベン!です。

指が動かないのをはじめ、テンポの乱れ、あちこちのリズムの狂い、曖昧なペダリング、そして、数え切れないミスの連続…最悪~(-"-;)

f と p の違いをいかに表現していくかも重要なんだろうなぁ…
長いので、集中力もかなり必要、軟弱な私にとって、それも大きな課題です。

でも、もう少し頑張ってみようと…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まごいち (・ε・) は、バアチャンがガンガン弾いていても、大丈夫みたいです。
部屋離れてるし、防音、何とかなってるみたい。

でも、「ちょっと来て」と娘から携帯でたびたび呼び出しが…
「トイレに行きたいから、この子 (・ε・) 見てて」と…
「そかそか、ではでは、抱っこしてあげましょ、ヨシヨシ~」とバアチャン練習中断(笑)







この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
樅の木
2014/01/08(Wed)
今年は、少しずつでもピアノ前向きに行かねば…ということで、久々に、アップしました。

● シベリウスの「樅の木」
本当は、樅の木だから、昨年のクリスマスにアップできたらいいなと思ってましたが、バアチャン色々と忙しくて(笑)、年が明けてしまいました。
とても美しい人気の曲ですね。
「Concert2」のページ、下の方にありますぅ。

古典派などどは違って、ある程度自由なテンポで?メトロノームにきっちり合わせなくてもいいんだろうけど、私の場合、ちょっと乱れすぎかしら?
やっぱり中間部の右手のアルペジオが難関でした。


※ サウンドスケッチャーの調子が悪かったのですが、何とかダイジョブになったので、リストの「コンソレーション3番」もサウンドスケッチャーで再アップしてみました 「Concert1」
ちょっと雑な演奏になったかしら?でも、音的にはこちらの方がいいかも?








この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
コンソレーション3番 練習中
2013/10/08(Tue)
先日、姉の四十九日の法要が行われ、お墓に埋葬されました。

とうとう、こういう事になってしまったんだなぁ…。
昨年の父に続いて、姉まで逝ってしまい、私は一体どうなるんだろう?と思っていたけど…

何とか 過ごせてます…。


姉のお墓は、うちから結構近くて、お参りにもすぐ行ける距離にあります。

近くで 私を見守ってくれてる とも思える。
ん? 姉のことだから「見守る」より「監視してる」ってのかもしれない…(笑)

「アンタ、また何ぐずぐずしてるの、やる事さっさとしてしまいな!」と聞えてきそう。

「は~い」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局 半年入院していたけど…

はじめのころは、車椅子でよく一緒に散歩に出ていた。満開の桜をみて喜んでいた。いろんな植物の名前もよく知っていて、ひとつひとつ無知な私に教えてくれてた。
散歩がちょっと難しくなってからは、ベッドでよく折り紙をしていた。凝り性なので、結構複雑でややこしい作品にも取り組んでいた、「折り紙も奥深いもんだねぇ」って。
それから、読書に夢中になって…「読みたいと思っていた本 たくさんあったのよね」と。

最後の1ヶ月は、音楽を聴くようになった。
私が顔を出すといつもウォークマンのヘッドフォンをつけていた。
(姉は普段は音楽をじっくり聴くということはなかったよう、趣味はテニスで、仕事はアパート経営やご主人の仕事の経理などをして忙しそうだったし)。

で、ある日「アンタのピアノ聴かせてよ」と。そういえば、大人になってからの私のピアノは殆ど聴いたことはなかったっけ。
なので、今まで録音したものの中で、私なりにまあまあいい出来かもと思える曲、10数曲をICレコーダーに入れて病院に持って行った。

そして、聴いた姉の感想は…
「ギロック(叙情小曲集)は、綺麗だったねぇ。悲愴の2楽章も、あの間が結構いいかも」。
おお~気に入ってもらえたか♪ ホッ。
しかし…
「ブルグミュラーは、うん、アンタの演奏、子供に聴かせられないって言われたらしいけど、なるほどって思ったよ。」(姉も子供のころ、ブルグミュラーまでは習っていたっけ)
やっぱ、素朴な愛らしさを欠いた ただ勢いだけの気まぐれな演奏は、「何なのこれ?」だったみたい(汗)

「で、(肝心の)リストやショパンは?」と聞いてみたら
「よくわかんないけどさぁ、何かやかましいし、あわててるって感じだよ」と辛口の一言、
ICレコーダーは直ちに返してくれた。
その後はバッハやベートーベンの交響曲のCDをずっと聴いていたよう。

あ~バラ4も年単位で練習したのになぁ…トホホ。「アンタ、こんな長い曲よく頑張ったねぇ」くらいは言ってもらえるかなとひそかに思っていた私はやっぱし のうてんきな妹! だった(汗)

姉は、昔からおべっかなど言わない、本音をずばり言う性格であります…それは療養中でも変わらずでした。


でもそう、私のピアノは まだまだ未熟 なんだということです!

率直な感想 ありがとう! 

※ しかし、まだ未熟って 私は何歳なんだよ?(ぼそ)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、久々の録音
リストの「コンソレーション3番」

「やっぱ、あわててるぞ!全然 慰めになってないよ」
姉の声が聞えてきそうです…。

「はい、また練習続けます」

<追記>
練習しなおして、一応 Amabike の方にアップしました。10/14



この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
近況1
2011/05/22(Sun)
●コーラス、先日、恒例の公民館祭で、また歌ってまいりました。
今年はちょっと長めで4曲でした。

この出不精の私が、週1回の練習、入会以来無欠席でございます。
最近、隣で歌ってらっしゃる音大出のお上手な方から、「○○さん、声出るようになりましたね」なんて、明らかにお世辞なんですが、励みになっております(~。~)←単純

4曲とも、2点ファやソ、そしてラなどの高音域の箇所があり、本番ちゃんと綺麗に発声できるか心配でしたが、I先生の伴奏の音をよく聴きながら、お隣の方にしっかり着いてくように歌い、自分としては、まずまずの発声だったかなって…。

しか~し、4曲目の「からたちの花」の最後の最後、
「はな~が さいたよ~~~~~~」の、2点ファの「よ~~~~~~」はたっぷり伸ばさないといけないところなのに、「よ~~~」と途中で息が足りなくなってしまいました、オイ!
あ~~、あんなに練習したのになぁ。ブレスが足りなかったのかも(-"-;)

でも、他のお上手な方たちがちゃんと発声されていたので、音楽は滞りなく終わりました、良かったです。
コーラスって、だから好きよ♪(笑)


●えっと、ピアノの方は、先日、やっと「展覧会の絵」全曲アップできました。
まあ、“全曲譜読みして弾いてみた“というレベルなのですが(汗)
とにかく、弾いていて、ほんと難儀な箇所がたくさんあるなって…
それと、こういう旋律なら、何もこういう音形にしなくたっていいじゃないの、とか、こんな跳躍の仕方しなくたっていいでしょうがぁ!?って思うところがあって、疑問抱きながら。

要は、弾きこなせなかったってことですわ( ̄m ̄〃)トホホ。

いえ、マジなお話、ムソルグスキー氏の音楽がまだ分かってないんだと思います (/_ _ )/

でも、誰もが知ってる有名な曲、体験できたことは良かったです。
何年か後に、またトライしようかと思います、もっとテクが上がったら…上がったら?ね。







この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
お一人様 メリークリスマス~♪ 
2010/12/25(Sat)
メリークリスマス~♪

って、私は 今年のイブも、またたった一人で!過ごしました(爆)
これはもう、近年恒例になっておりますので、どってことありましぇん。

と言うよりも…
一人で過ごすって、ほんと のんび~~~~りできて、ホッ(~。~)

買ったばかりのミニツリーミニポインセチアなんぞ眺めながら、
お刺身とほうれん草のバター炒め、ミニステーキとで、一人晩酌♪
(今年はチキンは却下、笑)

ミニツリー&ミニポインセチア
昔のツリーはグルニエの奥~~~の方にしまいこんでしまって、出すのメンドイ。
このちっこいのは、場所とらないし、手軽に飾れてよい♪(飾るというより、出してしまうだけ)、安かったしぃ(笑)


何て静かでシアワセせなイブなんでひょ♪ ( ̄ー ̄*)



それにしても、あ~年末。
クリスマスが済んだら、即お正月ですわ。
何か、やっぱり主婦としてバタバタしてます。

でもって、このクソ忙しいのに、テレビのBSが急に写らなくなって、その修理の手配やら、
旦那ときたら、スラックス2本のすそ上げをしてくれなんて言い出したりして。
(1,2年はいてたら何か伸びてきたみたい?)
折り返しの着いてるものだから、そうそう素人では上手くできるわけない、
なので、近所のクリーニング屋さんに頼もうとしたら、すそ直し1本1800円ですと。
なに~~!?
で、購入したアオヤマに問い合わせたら、何と400円。
これはもう、アオヤマさんに頼むしかないっしょ、と車飛ばして行ってまいりました、はぁ。

他に色々と…何か、毎日毎日疲れはてております(*´_`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、再度、「展覧会の絵」の「バーバ・ヤガーの小屋」を練習してたのですが…
いや、あんまり弾いてないんれす、実は。
時間がないといのもあるのですが、何かもうこの曲への意欲が失せつつありまして

だって、ムズ過ぎるんですもの、あの跳躍なんて絶対完璧になんて弾けっこないし、
練習自体も下手っぴだから、私が弾くとやかましいばっかりで 耳が変になりそ(-"-;)

といっぱいいい訳して、「最近の演奏記録」にアップしましたです。

お聴きになられる方は、耳をふさいで聴いてくださいましo(_ _ )o 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<おまけ>

主人は早々昨日が仕事納め。「アナタ、今年もお疲れ様でございました」

って、早すぎだぜ(-"-;)ぶ。

何か主人が言っとりますよ、今日は二人で外食に行こうか って、

あはは~、キモイ?    てか、喧嘩しないようにせんとな…二人とも酒癖悪いから(爆)






この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
ご無沙汰です
2010/11/11(Thu)
すっかり、ご無沙汰してしまいました。
一応、元気でやってるんですけどぉ…(*´_`)

貧乏暇なしでございますぅ…ん、意味不明?

えっと…

●先日は、出不精の私が、辻井さんのコンサートで都内の某ホールへ。
「展覧会の絵」凄かったわ~。
あの跳躍をどうしてあんなに正確に弾けるんだろ?
私なんて、どんなに練習しても外しまくりなのに…(いや大して練習してないか?。いや例え大した練習しても弾けん、汗)。

自作曲の「風の家」素敵だった。あんなつややかな音色聴いたことないかも…。
隣の席の中年の女性、涙をぬぐいながら聴いていらした。

辻井さん22歳だったかな。
22年前というと、私はピアノ、しっかり再開してますわぁ(*´σ`)
ピアノ暦だけは、私の方が遥かに長~~い。

あ~、私は何て無駄な時間を過ごしてきたんだろう…とふと思ってみた(-"-;)


●何やら10日くらい前から、右の手首の外側が痛いです。
立てに振るのは何ともないけど、内側にひねると痛い~~、時々ギシッって音もします。
ピアノは何とか弾けてますけど。

どしたんだろ??練習のし過ぎ?…  んな訳ない!( ̄ー ̄*)

こないだ、パンにつけるジャムの瓶の蓋が固くって、手首を思いっきしひねって開けた。
多分そのせいだ、ぶ。

歳をとると、治るのも遅い。


●コーラスの発表が済んだ。今年も17の団体が参加。
歌詞の暗譜は万全をきしたつもりだったのに、一瞬プッツンしてしまった。

娘にビデオを頼んだが、どういうつもりなのか?
私の顔のドアップがやたら続いていた。
プッツン時は、やはり目が泳いでいた、あはは~。

それにしても、あんな顔して歌ってるんだ私。

あまりに見苦しく、もう見る気になれない(-"-;)





この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
2010/11/11(Thu)
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(2) | ▲ top
発表会でした♪
2010/09/07(Tue)
こちらに越してきて早3年、生徒さんは、ほんの数人(;^_^A
で、先日、某楽器店主催の発表会に 生徒さん一人だけ 参加させて頂きました。
(他の生徒さんは、このたびは見送りますということでした。皆この時期、他の行事などもあり忙しいようです)

小4Sちゃん、発表会は初めてでしたが、緊張することもなく、のびのびと弾いてくれて、
楽しそうでした♪
お母様曰く「発表会出たくてたまらなかったんですよ」と。よかった。

最後に、代表の生徒さんから、それぞれの先生方に、花束が贈られました。
はい、私もSちゃんからお花を…(Sちゃんしかいない、笑)。

フラワー1
Sちゃん、ありがとう~♪ また来年も頑張ろうね。


私も、頑張らねば…
ということで、こちらをアップしましたが…   (-"-;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<P.S>
ここのところ、ちょっとバタバタしておりまして、コメント頂いてもお返事できないかもなので…すみません。

どうぞ皆様、また、遊んでくださいましね~ o(_ _ *)o








この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
悩み事
2010/08/24(Tue)
● 最近、ピアノの練習を始めると、途端に顔から汗がダ~~っと出始めるんです。
そんなに暑いって感じてなくても、ピアノ弾き始めると…です(5分くらいで治まりますが)。
何か、体にスイッチが入るんでしょうかね?

昨年は、夏場いくら暑くても こんなことなかったのになぁ。
やはり、更年期か (-"-;)

● それと、ペダルを踏む足の裏が痛い!
私は、いつもソックスなぞ履いて踏んでるんですけど、それでも近頃ヒリヒリと(*´_`)

これも歳のせい でしょうか?
皮膚が弱くなった  ??

ん?、ツラの皮は厚くなるばかりじゃろに!   (笑)

なので、最近スリッパなど履いてペダル踏んでますが、
う~~ん、この感触になかなか慣れないでいます。

録音の時は、痛みに耐えながら(笑)ソックス2重履きで。 
スリッパだと、ペタペタって音も入るしぃ…踏み方悪いんか?(笑)

● 譜面見るのに、老眼鏡必須。 でも、老眼鏡は鍵盤が見難い(汗)

演奏中に、即座に老眼鏡かけたり外したりする技も必要かと…?   アホ(笑)

いや、切実な問題。

いや、そんなら、全部暗譜しろよ!です。

っできないんだよな~~~(*´_`) ←軟弱者

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悩みながらも(笑)
何とか 「展覧会の絵」 ほんの少しだけ こちら にアップしました。




この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
あづい~ ですね。
2010/07/24(Sat)
あ~~、あづい~~~(*´_`)
皆様、お元気でらっしゃいますか~~~??


こないだ、ウォーキングに出た長女が、ケーキを買ってきてくれました。
行く前に「いつものウォーキングコースにケーキ屋さんあって、今日、買って来ようと思うけど、ママどんなのがいい?」って。

昭和○○生まれは、やはりこれですね、イチゴのショートケーキ♪ (笑)
ケーキ2

しかし、ダイエットのためのウォーキングなのに、長女ケーキなんざぁ食っていいんかい?
って、私もだよ!(汗)

まあ、たまにはね ははは~(*~.~*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Garden」のページは、今お休み中ですが…先日剪定したので ★
公開は終了しましたo(_ _ )o

昨年の夏に比べると、ほんとまたデカくなりましてね。向こう側のブロック塀の高さが1メートルですんで、何か見上げてしまう感じで…てか、ウッソウとしてきました。これでも脚立出して、だいぶ剪定したのですけど(-"-;)

青々してるのはいいんですけど、コニファーばかりがズボズボっと植わってて、
つくづく芸がない庭でございます(汗)
カズラや、安~~い日々草やペチュニアなどのお花を買ってきてアクセントに?

しかし、覚悟はしてましたが、これ以上大きくなると、手に追えなくなりそうです。
剪定をマメに、そして、テッペンをどんどん切っていかないと…

そして、また私は お疲れモード になる(-"-;)
ダイエットにはいいんか?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ピアノの練習 room 」を更新しました。

よかったら覗いてみてくださいん、余計、あづ~くなりそうですが…







この記事のURL | ピアノ関連 | CM(4) | ▲ top
バラード4番の練習
2010/07/02(Fri)
毎日、ジメジメ ムシムシと…
もう完全腐りそうです~~~(*´_`)

しかし、腐ってばかりいては イカン!

ということで、練習中のバラ4録音してみました。
まだまだ完成にはほど遠く…まだ通しても弾けてませぬ。
何とか少しまとまってきたかな?と勝手に思ってるところ(;^_^A だけ! アップしました。


バラ4は、むか~しからの憧れの曲、最近ネットのお友達の素晴らしい演奏の数々を聴かせて頂いていて、更に深い感動を抱いてました。
で、私なんかには到底手に追えない曲と諦めてはいたのですが…

近年よく思ってること…そう、私には もう後がない! 今しかない! ってことで(*´_`)

とにかく 自分のできる範囲でいいから、トライしてみよう となりました。
ちょうど今年はショパン生誕200年の記念すべき年でもあるし…。

ちゃんと取り組み始めたのは今年の2月頃からだったか?定かではないっす。
譜読みはず~っと昔に少ししてましたが、いちからやり直し状態でした(汗)
とにかく、私には難しいです、どの箇所とっても。

でも、弾き始めてから、更にこの曲の魅力に惹かれ続けてます。

この半年、まったくアップ曲がなくって、もうピアノ辞めたのではないかと思われたかもですが(笑)…はあ、一応ボチボチ ヤッてますので(;^_^A

湿気でピアノの調子も今ひとつだし、かな~~りお聴き苦しいと思います、
反省点多すぎ(/へ\*)     
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(12) | ▲ top
ソプラノコンサートへ
2010/05/22(Sat)
デブ性の私が、またお出かけしました(笑)

あるソプラノ歌手の方のコンサートです。
ネットにオフィシャルサイトがあり、よく拝見してました。
YouTubeでも演奏がよくアップされていて、そのお声に聴き惚れてました。
ブログでは、演奏活動の事は勿論、私生活のご様子も楽しく書かれらっしゃり、とても気さくで温かいお人柄を感じてます。

都下にお住まいのようで、コンサート聴きに行けるチャンスがあったら、是非と思ってたんです。このたびのコンサート、会場も比較的近くで、安全運転して(笑)行ってきました。

ステージに登場されただけで、私はもう感激でウルウル。

1部では、イタリア歌曲、オペラのアリアなどなど…やはり素晴らしいお声、声量。
素人の私が言うのも僭越きわまりないのですが、声の質って歌手の方それぞれあるのですよね。ソプラノというと、細めの声質の方が多いのかもしれませんが…この方は、声質やや太めでしょうか?高音もまろやかで、艶っぽく聴こえます、ほんと美しいお声、お姿も素敵でした。

トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」はテノールのアリアですが、たくさんのリクエストがあったということで、歌ってくださいました。
もう~この曲は、あまりにも有名、名曲ですよねぇ。最後の高音なんて、鳥肌立っちゃたし、涙もポロリと。私だけではないです、隣の方も、前の方も…。

2部では、日本の歌曲や、歌謡曲も。
「七つの子」や「いい日旅立ち」や「青葉城恋歌」アンコールは「見上げてごらん」。
しっとりと…日本人の心にしみいる歌の数々、うっとりと聴き惚れました。

コンサートが終わると、ホールの出口の所に立たれて、聴きにこられた方々やお知り合いの方と握手などされたりして…やっぱりこういうのっていいですね♪

素敵な1日になりました♪     帰宅してご飯の用意でせわしかったけど(;^_^A

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVドラマの「同窓会」、ネットで検索してちょっと動画観てみましたよぉ。

え、皆で山中湖? ありえない~~(笑)

ん、それって、ヤバくないれすか~~!?

などとハラハラ&ドキドキ、 そして期待しながら(笑)
今度は 絶対TVでじっくり観るぞ~!と思ってる私(~。~)

黒木瞳さん、相変わらずお綺麗ですね~~(^.^*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、ピアノなんれすが、一応日々少しずつ練習はしてます、う~ん、時々全く触れないこともあるかな(;^_^A

最後にアップしたのはいつだったけ~~?状態(汗)

しか~し、まだまだアップできそうなものは1曲もない~~(悲)


                                  



この記事のURL | ピアノ関連 | CM(4) | ▲ top
オーブンレンジ、やっと購入
2010/05/02(Sun)
本日、2つ目の日記っす(書き溜め?笑)

やれやれ、オーブンレンジ、やっと購入しましたぁ(*´_`)

いえね、すぐに決まると思ってたのですが、近所の量販店に行きましたら、色んなメーカーの色んな機種、色んなデザインがズラリと並んでまして…もう迷いに迷いましたぁ。
2週間かけて、コ○マ、ヤマ○、ケ○ズ、あともう1店と合計4店舗廻って、カタログ何冊も手に、店員さんにあ~だこ~だ聞きまくり…

よ~し!これにしよう♪ と決めて、結局、ネットのアマゾンで注文しました(~。~)
(お値段、1万円くらい違いますよ、ぼぞ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今主流のスチーム機能ですが、大きく分けて2種類あることがわかりまして…
まずは、その選択から始まりましたです。
もし、これから購入の予定がある方は参考までに、どうぞ。

●ひとつは、庫内の穴から出る加熱水蒸気を使って300℃の熱で調理する優れもの(蒸気の加減も調節できるのもあるようです)、トリの照り焼きも何と、この水蒸気で焼き上げるというのですからビックリ、余分な油分も落としてくれるというので、とってもヘルシーとのこと。(しかしなぁ、このヘルシーな照り焼きを食べた後、誘惑に負け、デザートでケーキなんか食べたら、意味ないだろうなぁ…汗)

んでもって、店員さんの話しだと、照り焼きの場合、ふっくら仕上がるけど、照りや焦げ目、上手にやらないと、ちゃんと着かないらしいいです。水蒸気使ってますものね、そういえばそうかも?と。

水蒸気を発するための給水用のプラスティックの入れ物がレンジの下手前についてますが、その管理&手入れ、マメな人にはどってことないけど、私にはメンドそう(汗)、長く使ってると汚くなりそうだしぃ~(*´_`)

このたび分かったのですが、電子レンジ、オーブンって、冷蔵庫や洗濯機に比べ、結構持つみたいですね。20年使ってるという人もいました。

こちら、他にも色々と優れた機能があるようですが、とにかく、やはり高額、しかもサイズが大きいものが多い。うちのキッチン広くないのでね、奥行きは40センチくらいでないとダメなんですよ。てか、お金ないしぃ(汗)。
ということで、この加熱水蒸気機能のものは却下になりました(-"-;)

●で、スチーム機能、もうひとつは、角皿スチーム機能でして、オーブンに使うあの黒い角皿の淵のところの溝に水を注いでスチームを発生させて調理するものです。
簡易的なスチームって感じでしょうか。
茶碗蒸しなどが一応これでできるそうです。あと、オーブン料理もカリカリにならず、ピザやパンなどもふっくらとということで。
まあ、私はオーブンを使ってそんな凝った料理するわけでもないので、これで充分かと…。

一番よく使うのは、とにかく レンジでの温めですのでね(~。~)
値段も手ごろ、大きさも比較的コンパクトなものもあり、この機能のものになりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし角皿スチーム機能のものも、殆どのメーカーが作ってましてね、お値段も似たりよったり。あとは細かいところの違いに絞られ…

脱臭機能つき、ドアを開けると庫内が点灯する、これ結構便利ですね。
★そして、最後の決めては、他のものより、モニター画面が大きく、数字が大きく表示されるということで、老眼の目に優しい!こちらになりました、はは。

レンジ1
デザイン的にも、まあまあ気に入った方かもです…ただ、もうちょっと斬新なデザインでもよかったかなぁ なんて。いかにも、昔からの電子レンジって感じかも(笑)
右下のクルクル回すダイヤル(って言うのかな)、これも私には重要(笑)。手動でのメニューの選択や、時間や温度を設定する時、クルクルっとね。パネルタッチより早いかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

購入して5日目、まだ使いこなされてませんが…

庫内がフラットなのはいいですね、昔のは中のお皿がクルクル回ってましたっけ。
 一応、むらなく仕上がっているようです。コンパクトだけど庫内が広い感じ。

赤外線センサーを使った自動温め機能、まずまずです。
某メーカーのレンジはセンサーがよくないらしく、自動温めで、牛乳やご飯が熱くなりすぎるので、結局、手動で温めているというの、ネットの口コミで読みました。
私の購入したこれには、自動温め、ワンタッチ機能は勿論ですが、好みにより強め・弱めの設定もできるようになってまふ。

・そうそう、ご飯の温め、ラップなしでもできるとのこと。やってみたところ、グーでした♪ これはスチーム使ってるわけでもないのに、何ででしょうね?それと、ご飯はアツアツですが、お茶碗が熱くてもてないなんて事もないです、これも不思議。技術が進化してるんですねぇ。

・昨日は、ピザを焼いてみました。角皿に水を注いで…。しっとり仕上がりましたよ。でも、ピザはやはり少しカリカリの方がいいかな、お好みによるかもですが。パンは絶対ふっくらおいしくできるでしょうね。

・あと、この機種は、天麩羅やカレーパンをサクサクに温める機能もあります、これいいですよね。


さて、今日は何にトライしようかな?(笑)
って、買った時だけなのよね、1ヶ月もすれば、また温め機能しか使わなくなるでしょう、
はは~~(~。~)

それにしても、オーブンレンジ台もついでに買い替え、その組み立てに悪戦苦闘し、今だに、腰いて~よ~(-"-;)


この記事のURL | ピアノ関連 | CM(2) | ▲ top
謹賀新年 
2010/01/01(Fri)
皆様、明けましておめでとうございますぅ♪ 
   本年も、どうぞ宜しくお願いします。
      皆様にとって、よい年になりますよう お祈り申し上げます。 o(_ _ )o


紅白歌合戦、後半観ました。知らない若い歌手の方がいっぱい…あ~時代に着いていけてないんだなぁと(-_-;)   まあ、よいか、今に始まった事ではない。
布施明さん、石川さゆりさん、相変わらず素晴らしい歌唱力♪ 
長崎から福山さん、素敵~~ん。やっぱりあのソフトな声はたまらんです。
「竜馬伝」楽しみです、明後日だ~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の目標の5曲アップ、昨晩、急いで2曲アップしまして、何とかギリギリで達成しました、 はい、無理やり達成って感じですぅ(;^_^A  Concert1

モーツァルトの「K.545」、音の間違いがあったので、再アップです。
久々に弾いたのですが、やっぱり難しいですね、モーツァルト。
一音一音クリア過ぎ~~、バレバレ~~(汗)。指は以前の方が回ってたかもぉ(泣)
近々、また弾きなおしますぅ、またかい!?

リストの「メフィストワルツ1番」
いつかトライできたらいなと思っていた曲、昨年春、お友達の迫力ある演奏を聴いて、感動!あ~、私も弾けたらな~と、無謀にも挑戦。今やっておかないと更に弾けなくなりそうだしぃ(汗)

ご承知のとおり、メフィストとは悪魔、悪魔のワルツです。
もっと不気味なエグイ演奏したかったのですが、ダメですね、その余裕ありません。

跳躍多いし、テンポも速いし…ほんと体力いります、この曲。
体調今ひとつの日って、とてもじゃないけど、弾けませんね。

例の764小節目~790小節目の、超跳躍の嵐、弾いてて目が回ってました。
何か、運動神経・反射神経との闘いみたいだったかも。
超ゆっくり弾けば、外さないけど、そうもイカンですね、ある程度は躍動感も出てないと…最後はもう感に頼って弾いてるって感じ、で、結局弾ききれてないわけでふ(汗)。

何度か録音して、総合的にはこれがいいかなとアップしたわけですが、ノンミスは絶対無理と分かってましたけど、普段何なく弾けてたところも、激しくミスってます(´_`*)

9月くらいにはある程度形になったのですが、それから殆ど向上してないかも。途中、浮気もしてしまい(*ノノ)、 いや、とにかく、何するにも時間のかかる人間なのですぅ(汗)
と言う訳でいつになるかわかりませんが、こちらも、また再アップできたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今年の目標は…
う~~ん、昨年同様、再アップも含めて5曲アップ ということにしまふ。
再アップが多くなるかもぉ?いい加減な演奏多すぎぃ(汗)

今年2010年は、ショパン生誕200年の記念すべき年でもあります。
なので、多いにショパンを…といきたいところですが、ちょっと無理かな(-"-;)

あと、コーラスの方も引き続き頑張りたいと思います。
高音がちゃんと発声できるようにしたいのは勿論だけど、最近気づきました、まずは常に正確な音程で歌えるようにしなくてはと、どうも、時々下がってしまうので(´_`*) 
これは基本中の基本ですね。


そろそろ、キッチンの大掃除でもしよっかな…(笑)

この記事のURL | ピアノ関連 | CM(10) | ▲ top
アリア♪「私のお父さん」
2009/12/03(Thu)
このところ、この動画を見て、毎度ウルウルしている。
「私のお父さん」O mio babbino caro

他の方の演奏もいくつか聴いたが、やっぱりこのマリア・カラスさんのは格別。
何か、じ~んと来てしまう。

プッチーニの「ジャンニ・スキッキ」というオペラの中のアリアで、
お父様、どうぞ愛する恋人と結婚させて下さい と娘が父親に切願する歌。
結婚できないなら、アルノ河へ身を投げます と。

カラスさんの、細くて愛らしい 澄んだ歌声が、心に響く…
歌われてるお姿・表情も ほんと お美しい~


<追記> 12/5 17:00
↑この映像、1974年10月、NHKホールにてのリサイタルで、これが、最後の来日だったそうだ(残念ながら、3年後に亡くなられている)
カラスさんの美声は永遠に不滅です…。    合掌


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな内容のオペラなのかな?って検索してみたら、遺産相続のハナシで、
ちょっと意外な内容だった  こちら 
何も知らずに、ひたすら恋人を思う娘…。
その可愛い娘のために、父親が一肌脱ぐという感じだろうか…。
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。