2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お初の会計係
2014/04/10(Thu)
今月から、コーラス団の会計係になりました。

楽譜係のお勤めが終わって、ほっとしたのもつかの間…
ダンボール箱に入れて保管してた団の大量の楽譜、もう使用することはないだろうと全て処分し、すっきりしたのもつかの間…
ピアノの下には、今度は、ここ数年のコーラス団の帳簿の山が君臨しております(*´_`)

昨年度の会計係の方から、繰越金や団のプール金となっている銀行の通帳・カードなども預かりました。
あらためて、責任重大だわ~~!(滝汗)

収支をどのように記録していくのか教えて頂き、何とか項目別に帳簿も作成しました。
パソコンのエクセルではないのです、やはりしっかりノートっすよ。
(エクセル使っても、計算式がちゃんと合ってるのかどうか、結局電卓で計算したりしてる私ですのでね、ノートありがたいですよ、確実!笑)


そして、先日、第1回目、練習が始まる前に、皆さんから今月の会費を徴収させてもらい(誰が入金したのか間違いなく記録しながらの作業、千円札を数える手が震えておりました、汗)、その後、指導の先生・伴奏の先生に「御謝礼」をお渡ししました。あ、月初めなので「交通費」もです。

そんでもって、練習を終え、お金や帳簿など大事にバッグに入れ(それ用にチャック付きのバッグを購入しました)、決して寄り道せずに(笑)、自宅に持ち帰り、即、収支を帳簿に書き込み、お金の勘定…

ひぃ ふぅ みぃ…おお~~~、合ってたぁ (>▽<)
第1回目、無事済んでホッ

しかし、これから色んな収支があるわけで…発表会参加費、茶話会、楽譜・コピー代、先生へのお中元・御歳暮などなど。その都度、ハラハラしながらお金を数え、帳簿とにらめっこになるんだろなぁ。


結婚前に会社勤めの経験はちょっとあるが、数字とは全く縁のない部署だった。
(因みに、このバアチャン、かつてある会社の役員室の受付嬢だった…懐し。エレベータの前で1日じゅう座っていて、来客が上がって来たら応接室に案内し、お茶を出すのが主な仕事。数字との関わりは、応接室の番号を忘れないようにするのと、出すお茶の数くらいだったか?笑。忙しい時は忙しかったが、暇な時も結構あり、よく居眠りをして隣に座ってた先輩に怒られていた、ぶ)

家の家計簿なら、少々合わなくても、適当にできる…ん、残金ちと足らないなとなれば、正直に!「不明金 ○○○円」として、しっかり支出に記入し帳尻を合わせる。そして、残金多いなとなれば、多い分私の個人的なサイフに入れて終了( ̄ー ̄*)

会計係、こういうわけには行かないわけだが(当たり前!)…まあ、頑張ろうと思います。
当初、もう枕を高くして寝られないのではないかと思っていたけど…今のところ、よく眠れてますぅ。





 
スポンサーサイト
この記事のURL | コーラス | ▲ top
楽譜係、最後の仕事
2014/03/27(Thu)
またしても、楽譜の話ですぅ。
実はこの1年、私は所属するコーラス団の楽譜係をしてました。

団で歌う楽譜を楽器店に注文して入荷したら取りに行ったりするのが主な仕事です。
それと、この団ができてから約30年くらいだったか、それまでに貯まった使用しない楽譜やコピーなどを自宅で管理する(預かる)というのも役目でした。団専用のロッカーもあるのですが、とても入り切らないのです。

新入会者のために、いつも楽譜はちょっと多目に注文したり用意していたわけですが、結局、新入会の方が入らなかったとか、入ってもすでに別な楽曲を歌い始めていて、その楽譜やコピーは使用することなく…ということで、た~くさん貯まりまくってまして、楽譜は合計41冊コピーはA4で厚さ30センチ

うちには楽譜用の本棚が2つあるのですが、その中に並べてしまうと、わかんなくなってしまいそうだったので(自分のピアノの楽譜もすでに行方不明になっているのもある、てか、もう入るスペースもない、汗)、その41冊とコピーをダンボールの箱に入れて、ピアノの下に置いてました、が、あんまり奥の方にやってしまうと存在を忘れそうだし、手前に置いておくとダンボールが見えるしぃと…正直うとましい存在でした、自分のもんではないし。

この41冊とコピー、今度の楽譜係りの方にお渡しして、また自宅に持ち帰り管理するいうのも大変です、使う当てもまずないし、指導の先生も変わってしまったことだし。
ということで、皆さんと話し合いの結果、処分することになりました。

処分といっても、ただではね…楽譜の方は、お金になるヨ。
アマゾンやヤフオクとかに出せば、新古品として結構いい価格になるかもしれませんが、いつ売れるかわからないし、そのネットの管理も神経使うし…なので、市内の古本屋さんに持ち込みで全て買ってもらうことになりました、即現金化っす!

買取価格、殆どの物が約8分の1~10分の1くらい。まあ、しょうがないですね。
でもヘンデルの「メサイア」は5分の1の値段(かつて団の有志の方が「メサイア」参加されたそうです)

古本屋さんに売る前に、団員の中で欲しい人がいたら、古本屋さんの査定価格で買い取っていいということになったので、何冊か買わせてもらいましたぁ。「ふるさとの四季」(心温まる曲ですよね)と「メサイア」も。
「メサイア」、この大曲きっと歌うことはないかもだけど、こんなに安く買えるならって。
ハレルヤを覗くだけちょっと覗いてみよう♪

結局、総額 約5000円 ほどに。安いと思えば安いのかもしれないけど…
でも、少しでも団の活動資金に役立てばと思う、今かなり資金困窮してるから…。

因みに、コピーの方は楽譜係がメモ用紙にしてよいとなりました、ありがたや~(笑)



んでもって、来月から 何と会計係ぞな この私ができるんだろか(*´_`)





この記事のURL | コーラス | ▲ top
コーラス近況
2014/02/27(Thu)
コーラス、昨年の11月より新しい○○先生に変わりました。
前のがっちり型で冬でも半そでのバリトン先生とは随分雰囲気違います、お孫さんもいらっしゃる穏やかな感じの小柄な女性の先生です。

某音楽大学で、ピアノの即興演奏、合唱やソルフェージュなどの指導をずっとされていらしたベテランの先生です。
でも、最初、「声楽専門ではないので、発声の専門的な指導はしません。それと、敢えて発声練習もしません(歌に入ってから自分でコントロールしてください的な?)」と仰り、正直、皆さん、え~~って感じでしたが、その後、ラジオ体操の後、ハーモニー練習をやってくださるようになりました、10分弱くらい。ドミソ→ドファラ→シレソ→ドミソ と3パートで半音ずつ上がっていく練習などですが、かなり高い音までで、私的には、歌う前のウォーミングアップにもなってるし、発音も苦手な「あ」系なので、いい発声練習になってます。

○○先生、コーラスとして、かなり細やかな指導をされます。ダイナミクスやアーティキュレーションは勿論、パートのバランスや、日本語の発音などなど…。同じコーラスの指導でも先生によって随分違うんだなぁって。(正直、今やってる曲は小品ばかりであまり好きくないのですが)、○○先生のご指導、とても勉強になってます。6月の発表が終わったら、今度は大曲をするみたいです(?)

先生が変わったりすると、そのタイミングで団員が辞めてしまうということもありがちですが、うちの団、誰ひとり辞めてません

団結力もあらためて感じました。あのFさんが代表だから♪…これからも宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、今年の夏に市のホールで森山良子さんのコンサートがあり、そのバックコーラス、市のコーラス団体から100名ばかり募集しているそうです。
参加無料、練習は夜2回ほど。
「うわ~、これはステキ~、いい体験になるわぁ♪」と、すでにうちの団のかた、6名ほど参加希望されてます。

んなら、私も参加させて頂こうかなぁ、って…

曲は「家族写真」だそうです。YouTube でどんな曲かなって 聴いてみました…

やはり、森山良子さんの声は美しいですね。

歌詞きいてると、じ~んと来ちゃって…
バックコーラスでも、今の私には 泣けて 歌えないかもしれない









この記事のURL | コーラス | ▲ top
新しい○○先生
2013/11/27(Wed)
コーラス団、新しい○○先生になって、すでに2度の練習がありました。

率直な感想…コーラスの先生といっても 色んなタイプの先生がいらっしゃるんだなぁって、思いました。

これからも、皆さんと、楽しく、わき合い合いと、でも 少しでもよりクオリティーの高いハーモニー目指して 頑張って行けたらな~って思ってますぅ。
この記事のURL | コーラス | ▲ top
久々に
2013/11/15(Fri)
mixi の日記を更新しました。

市民コーラスの演奏と、先生のお別れ会などについて書きました。

宜しければ、覗いてみてください。

覗いて、スルーしてくださって結構ですぅ。
この記事のURL | コーラス | ▲ top
コーラス団の今後
2013/11/13(Wed)
過日、「コーラスのつどい」での演奏が終わりました。

バリトン先生、最後の指揮で、皆 一生懸命歌いました♪

その後、先生のお別れ会。 (詳細は 近々mix の方に)

・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、コーラス団の今後ですが、団員の方のつてで、新しい先生がいらしてくださるということになりました。
解散にならなくて、本当に、よかった~~~!

来週から新しい先生の指導が始まります、今度は女性の先生です。
楽しみです。




この記事のURL | コーラス | ▲ top
コーラス団の危機
2013/10/15(Tue)
リストの 「コンソレーション3番」を Amabile の方にアップしました 
こないだよりはあわてずに弾けたかな?、少しは「慰め」が表現できたかしら?。

とても美しい旋律。でもこういうゆったり系の曲は特に歌い上げが難しい。本当はテンポはもっとゆっくりなんだろうけど、私は、これ以上ゆっくりすると、息がもたない、更に表現ができなくなる(汗)。それにしても、左手三連符・右手八分音符、ゆっくりの中でリズムを正確に弾くのも難儀でした…結局、乱れてまふ(-"-;)

それと、久々の録音で、サスケはしばらく使ってなかったら、何と壊れてました(汗)
なので、普段コーラスの練習に使っているICレコーダーで録音。サスケと違ってリバーブなどつけられないので、何か素朴な音に聴こえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、コーラス、近々また「市民コーラスのつどい」で歌います。

で、あのバリトン先生、この「市民コーラスのつどい」を最後に、
何と お辞めになることになりました。


が~~ん!です。

で、辞めるのは午前中に練習のあるうちのコーラス団のみでして、午後の練習の他3つのコーラス団は続けられるそうです。諸々の事情で午前中がダメになったとのこと。(何やらコーラス・声楽とは全く異なる分野のお仕事も始められたそうで…私としては正直「リサイタルまで開かれた先生なのに、何で~~!?」です、ぼそ)。

辞められると聞いた時、み~んな それはもう大騒ぎでございました。
私は入団してまだ5年くらいですが、先生は30年近くこの団を指導し続けてこられて、団ができた当初からずっと通ってた方もいらっしゃいます。

と、とにかく、今は「市民コーラスのつどい」で演奏する2曲をしっかり歌えるようにと、バリトン先生から最後の指導をして頂いてます。


で、バリトン先生が辞められたその後は?

伴奏の先生は続けてくださるということなので(感謝)、団員18名ではありますが、できるだけ続けて行こうと、新しい先生をお迎えする方向です。

が、果たして ご指導願える先生がみつかるかどうか??? です。



この記事のURL | コーラス | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。