2007 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
つれづれに
2007/07/19(Thu)
父の誕生日、姉宅でお鮨を取ってお祝い。
大好きなトロやマグロを堪能できたようで何より。

ケーキを買ってロウソク立てようか、なんて話もあったが、さすがにクリームいっぱいのケーキは、父は好まないだろうと、頂いた○明堂のカステラに、姉が細いロウソクを数本立てた。歳の数は無理、多すぎてカステラが支え切れないでしょう、ロウソクもないし(笑)。ロウソクの火を一息で無事に消し、「おめでとう♪」。孫たちの方見ながら、照れくさそうにちょっと微笑んでた。
ビールをコップ2杯飲んで、お喋りしているうちに…「俺はもう眠い」となり、お開きになった。たったのコップ2杯でか…酒豪だった父も今ではすっかり弱くなった。
さて、来年はどういうお誕生会にしようか。

昨日は、また多摩川の土手を散歩。梅雨があけて暑くなったら、ここはそうそう歩けなくなる。昨日は曇りで涼しかった。ご機嫌はあまりよくなかったが、帰る頃には少しはれたかな。歩調は軽かった。杖は全く使わなくなった。

土手沿いに小学校があるが、昨日もサッカーして遊んでいる男の子たちをしばらく眺めていた。ベンチに座って一服してると、散歩してるワンコが近づいてきた。目を細めながら、頭をちょっとなでていた。

携帯が鳴った。娘からだった。
「鍵持って出るの忘れたぁ。家に入れないよ~。ねえ、何時ごろ帰るの?」
アホ! 母は、買い物をして1時間半後に帰宅した。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | ▲ top
本日雨天なり
2007/07/13(Fri)
ミニコンサート、殆どのことが決まりつつある。
前に進んでいるということなんだ…。

最年長の高2のK君、本人の希望で「月光3」と「飛翔」「トロイメライ」を弾くことになった。小さい子たちに是非いい演奏を聴かせてあげて欲しいです。私もまたさらい直さないと…汗。

小4のW君、コンサート用の曲、コピーして渡したが、先日、今使っている教材の裏表紙に糊付けしてあげた。「これだったら、なくすこともないし、ぺらぺらしなくていいでしょう」と。
しかし、今日は、弟の教材を間違えて持ってきた…あのね~!
(きょうだいで1冊を使うことが結構あるが、W君とこは、お母様の希望で、兄弟で、同じ教材をそれぞれ1冊ずつ使っている)
コピーして渡したのだから、その曲は、うちにあるのは当然なのだが、その本もなかなか見つからなかった。あのね~!実は、ピアノの上はまだ山積みなのです。

小3のH君の追加曲、前回使っていた教材の中から1曲と決めた。お母様にも連絡しておいた。今日は、その教材を持って、ある程度おさらいしてきてくれるものと思っていたが…H君曰く「あの本、なくなったってママが言ってた」と。レッスンが終了した教材を廃品回収などに出すお母様が時々いるようだが…もしかして、そうなのか?

何か、ガクッときたが、↑くらいのことでは、くじけません、先生は。


どうも、気持ちが鬱になってるのは他の理由からかも…
今晩はウナギを食べてみた。元気出るかな?
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(3) | ▲ top
ミニコンサート準備
2007/07/07(Sat)
ミニコンサート、とにかく生徒さんの数がそんなに多くないので、全員に参加してもらわないとコンサートが成り立たないって感じです。
一人大人の方は「聴く方で楽しませて頂きます」と。60歳くらいの方なんですが、いつも熱心に練習してきてくださってるのに…残念。
他の生徒さんは何とか全員参加してくれる方向です、よかった。

曲目はだいたい決まってレッスンでも日々励んでもらってますが、小品の追加曲があって、今週はその曲決めに追われてました。
曲の選択って結構大変なんですよね。1人2ステージを予定してるので、3~4曲になるのですが、その生徒さんに合ったもの、できるだけ曲想の違うもの、時代の異なるものと…。

本棚からあの本出したり、この本出したりで、ピアノの上は楽譜が山積みになってます(蓋を完全にしめてるので、普段から物置化してます…汗)。余計、音がこもってるかも。今日はちゃんと整理しなくちゃ。

えっと、自分の演奏はどうしよ…
こういうときに、最後に「講師演奏」として堂々と弾ける先生であるべきと、個人的には思ってるんですが、う~~~ん、怖い。やだ、できたら避けた~い。
しかし、日々生徒さんのレッスンで偉そうなことばかり言ってるし…レスナーとしてのけじめってのもあるだろうし…やはり、ここは勇気をもって。

って、一体何を弾いたらいいんだろ?新曲に取り組むなんて余裕は当然なし。
悲愴1?…生徒さんにレッスンしたけど、自分で注意したことが、できそうにない。口だけの先生を証明しそう。
モーツァルト?…癒し系であるのに、自分が弾くとなると胃を壊しそうだ。
英雄ポロやスケ2?…堂々と弾けたら本といいけど、私には到底無理だろう。こういう曲って、絶対最後まで身がもたない。途中パニクルこと間違いなし。
エチュード10-4?…背伸びし過ぎ。音楽にならんつ~の。
革命?…中間部がね。てか、こないだ弾いてみたら、出だしから指がもつれてた。
ドビュッシーの花火?…アップしなおそうかと、こないだ少し練習してみたが、まだ完全に思い出せていない。先日、ネット上である方の演奏を聴いたら、凄い迫力で圧倒された。私のは、しけた花火だ。
ブルグミュラー25を通して弾こうか?…だめだめ、ブルグミュラー弾く生徒さんいるんだった。

この記事のURL | ピアノ関連 | CM(8) | ▲ top
つぶやき
2007/07/03(Tue)
ここらで、カラッと晴れてくれないかしら?
余計気持ちもジメジメ…。

ショパンのエチュード10-4、ネット上で3人の方の演奏を聴きました。
どの方も凄いです。テンポ、私と違ってかなり速いのですが、つぶがちゃんと正確に揃っていて、フォルテもピアノも一音一音ちゃんと聴こえます。何で、あんなに指が動くんだろ、しかも正確に。
クレシェンドの仕方、アクセントの取り方なども、巧みに表現されいて、洗練された曲想へのアプローチ、極めて説得力のある演奏。
落ち込みながらも、聴いていて痛快でした。

あ~、10-4は、ああいう風に弾かないといけないんだわぁ。
何も考えずにタラタラ練習してるのは、何の意味もないのかも…。

改心して、それなりに練習の仕方を変えても、あんな演奏は生涯できないだろう。
そして、あの人たちの演奏に、例え僅かでもいいから、近づきたいと思わなければ、前へ進まないのだろう。
この記事のURL | ピアノ関連 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。