2008 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「スーパーピアノレッスン」を観て
2008/09/28(Sun)
昨日、スーパーピアノレッスン 第6回目を観ました。

●スカルラッティのソナタ K.455
生徒さん、とてもお上手だと思いましたが、歌い上げや呼吸、左手の八分音符の弾き方などアドバイスされてました。
その後の演奏を聴くと、やっぱり違う、なるほどぉと思いました。奥深いですね。
右手の同音連打がとても軽やか、左手のノンレガートで弾く四分音符も躍動的。
美しい曲、バロックの世界ですね♪

●ショパンの「幻想即興曲」
出だしのGisの全音符、音は広がるけど衝撃は消して 空手のような打鍵は禁物と。
ペダルを踏んで、肘を上手く使って、手を外へ出すように。
私も師匠から、この音だけ何度もやり直しさせられたのを思い出しました(笑)
いつの日か、両手で弾いてますが、これっていいのかな??

左手の6連符、1指を丁寧に、ひとつのフレーズとして大事に歌う。
これちょっとショックでした(-"-;) 低音ばかり意識してましたので…。
私の場合、リズムも狂ってるんですが(笑)

5小節目からの右手16分音符、1小節にかかったスラーを1フレーズで、そして、とにかく指がこけないようにとばかりやってましたが…ピレシュ氏の指導を聞いて、もっと細かい繊細な解釈が必要だったのだなと思いました。

そして、この右手の16分音符はクリアな音で弾かなくてはいけないのは言うまでもありません。音がくっついて重なってしまっている という注意、私もとっても耳が痛かったです。

それと、力を抜いて というのはよく言われることですが、ピレシュ氏の仰ってた 力が抜けすぎないように というのも忘れてはいけないと思いました。音は柔らかくとも、指先の緊迫は持続ということでしょうか…。

しかし、この「幻想即興曲」のレッスン、前回もありましたが、1ページ進んだか進まないかってところですね。あと1回ですが、楽しみにしてます。
スポンサーサイト
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(6) | ▲ top
娘の決意
2008/09/25(Thu)
※ この記事、9/25の早朝に書いたのですが、
  書き忘れていたことなどもあり(;^_^A、その後、編集いたしました。 
================================


昼間の日差しはちょっとキツイけど、朝夕はすっかり爽やかな秋という感じ…ヽ( ´ー`)ノ
あのむし暑かった夏が嘘のよう…。
こちらに越してきて10ヶ月が過ぎようとしてます、早いものですねぇ。

娘の勤め先(幼稚園なんですけどね)、転居する前は、自転車で10分の距離でしたが、今は乗り換え乗り換えで1時間半近くかかってます。で、来年の4月からは、自宅の近辺でもっと通いやすい所に勤められたらと、ここ1ヶ月ほど、自宅近辺の園をいくつかあたったりしてました。

今まで、先輩・後輩間の板ばさみになったり、保護者の方同士のトラブルに巻き込まれたりなど、色んな苦労もあったよう(最近はずっと落ち着いてます)。どこにでも苦労やトラブルはきっとあるだろうけど、他の園を体験して経験つむのもいいかもしれないというのもあったりで…。

でも、先日、結局、来年も今の園を続けるということに決めました。
たくさんの思い出もあるし、今の年少さんたち、自分をとても慕ってくれていて、その子たちとお別れする(もう会えなくなってしまう)のはやっぱり寂しい!というのが結論のようです。

家では、わがまま放題だけど、園ではそれなりに真面目に一生懸命やっているんだなあと…(笑) とにかく、社会人として、かわいいお子さんたちを預かる身として、これからも精一杯やってくれたらと思います。

しかし、ってことで、母の『5時半起きのお弁当作り』の仕事も、また来年も続くということです。はい、そういうことです (-"-;)

ザリガニやカブトムシを平気で手で掴めるようになったようです…アンタ、偉いね~!
でも、お弁当は「お母さんが作ったのよ」と、正しく皆に伝えましょう( ̄ー ̄*)
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(6) | ▲ top
事故&飲酒運転
2008/09/21(Sun)
↓この記事は9/21に書いたものですが、読まれる方をあんまりビックリさせてしまってはいけないと思いまして、追記させて頂きます。
「事故&飲酒運転」は、私が見た夢の中の出来事です。
今までビックリさせてしまった皆さん、ごめんなさい~~ [9/30 22:00]
============================


※ こういうタイトルですので、読まれる方、どうぞ覚悟して読んでくださいましね。

昨日は、父と姉とで、車で出かけました。
こういう時、大抵姉が運転しますが、昨日は珍しく私が運転することに…。

姉、後部座席で、あいかわらずペラペラ…。
父と私「ふ~ん」「ははは」「なるほど~」「そうなんだぁ」
って、私、また上の空かも?

途中、昼食を食べようと和食レストランに。
地下の駐車場へ。ここ入り口と出口が一緒だわ、気をつけないと。

向こうから、白い大きなセダンが出ようとしてました。私、左に寄りながら、ゆっくりアクセルを踏む。でも、いざ、すれ違う時、何故かハンドル操作が思うようにならず…

その大型セダンのヘッドライトに  ガツンと!

ぎゃ~~!
姉「アンタ、何やってんの~~!」
歳老いた父、ショックで声も出ない。

・・・・・・・・・・

パトカー到着。   あたりは騒然…(汗)

警「運転されてた方、どなたですか?」
私「はい、私です」
警「では、一応、これふくらませてください」と風船のような物を渡された。
これが、あのアルコール血中濃度計測器なるものか。

え?アルコール!   ど、ど、どうしよう~~。

実は、私、出掛けにふと飲みたくなって、こっそり日本酒を1合ほど飲んでたのです、昼間から(汗)

警「どうしました?早く息入れてください!」

もう、ダメ!…私。  潔く、ふ~~っと息を吹き込みました。

父上、姉上、ごめんなさい。

あ~~私ったら、飲酒運転して、しかも事故まで起こして!

免許取り消しになるの? 私、罪人? 私だけでなく同乗者も罰せられるのよね…?

アナタ、私はこんな妻でした。娘よ、母を許して~~!

ブログでさんざん、安全運転と書いてたのにぃ~、何てことをしてしまったの~~私。

あ~~~~~~~!






と叫んだところで、目が覚めました。    はい、夢でした!  

あ~、よかった~~、ホッとしました。(≡≡;) 

思いもよらぬ結末…皆様、覚悟して読んでくださいましたでしょうか? おほ。


そもそも、昨晩は夜中に2階で寝てる主人のイビキで起こされましてね、
それから、熟睡できなくって、こんな夢を…( - 3-) と主人のせいにしてみる(笑)

私、1階のピアノの部屋で寝てるんですが、真上で発しているあの驚異的なイビキは、どうも音防げないようです(-"-;) 主人ベッドではなく、布団を敷いて寝てるんですが、おそらく、布団からはみ出て、床にへばり着いてイビキかいてるんだろうと思います、ぶ。

ところで、夢の中でぶつかった白の大型セダン、運転してたのは、子どもの頃住んでた家の近所のおばさんでした。いつもニコニコされてて上品なマダム、ぶつかった時も、何故か微笑んでいました。

夢って、不思議ですね。    しかし、いい教訓になりました o(_ _ )o

あ、昼間は私飲んでませんよ(笑)  勿論、運転する時も!!
この記事のURL | 日記 | CM(12) | ▲ top
免許取りたての頃
2008/09/15(Mon)
ここのところ、車の運転についての記事ばかりになってますが…
私が免許取りたての頃のことをちょっと思い出しましたので、ついでに(;^_^A
あ、ご興味ない方はスルーットしちゃってくださいましね。

●免許を取得して1週間目くらいのことだったでしょうか、一人で運転してまして、ある大きな交差点で左折するときだったんですが…怖かった経験をひとつ。

私の前を走ってた大型トラック、先に左折して右側の車線に入ったのですが、そこで止まったんです。ん、ここ横断歩道ないのに(歩道橋になってた)、何で止まったのかしら~?こんな所で配達なわけないし、故障でもしたのかしら?と私(・・;)。私は外側の左の車線に入ろうとしてました(トロトロ運転ですので、当然左車線です)。

で、前方を見ると2本の白線が…ん~~、この白線なんだ~~??分けわからん。
トラック追い越して、行っちゃおうかなあ、どうしようか?


ですが、ふと、主人に「運転してて、分けわかんなくなったら、とにかく止まれ」と言われたの思い出しました。なので、とにかく止まったんです。
そしたら、直後に隣の止まっていたトラックの陰から、その2本の白線に沿って自転車が勢いよく出てきて、私の前を通過しました。

ヒィ~~~!( ̄□ ̄;)

そうだったぁ、あの白線2本は自転車横断帯だったんだわぁ!
ドキッとしましたよぉ。あ~止まってよかった。
もし、行っちゃえ~!と行ってたら、おそらく…!!

こんなんでよく免許頂けたなって…。
横断歩道のところで車が停車してたら、絶対追い越してはいけない、というのは頭にはあったんですが、白線2本のみなんて…。大型トラックの影で、自転車が横断しようとしてたなんて、はじめから全く見えなかったし、それにこんな例、本免の試験の時になかった なんていうのは言い訳にすぎませんです!とにかく、私自身、教習所で習ったことが、ちゃんとクリアできてなかったってことです。

それにしても、本と怖かった~!って、それは自転車に乗ってた人が言うことか?
反省すると同時に、主人にもちょっぴり感謝しましたですよ♪ 素直に。

●それと、当時は、言うまでもなく、私、今よりも更に車庫入れは苦手でして(;^_^A
エッコラ、ヤッコラ、私なりに一生懸命やっても、車庫の閉じたアコーデオン型の扉にギコギコと接触して、身動き取れなくなってしまうことが何度かありまして、どしたらいいの~?前へ出せばいいの~?それとももう少しバックした方がいいの~?これ以上動かしたら車余計傷つきそう~~、なんて(~。~)、

そういう時は、車から降りて主人を呼ぶしかありまへん(汗)。JA○呼ぶのも何だしぃ(笑)
そうすると主人「ったく、しょうがないやっちゃ~」とサンダルつっかけて、車に乗り込み、シャッシャと車の向きを立て直しバックでサ~~っと。
そして「ほらよ」とキーをポ~ンと私に投げ返して、さっさと家に入るのでありました。

ふっ、なかなかやってくれるじゃないのぉ。 まあ、すでに運転暦10年以上なんだから、このくらいさっとできて当然といえば当然だわさ、車もちっこいし。で、もしかして、家に入ってから、2階に上がるのに、階段を踏み外して、こけてたりして~?( ̄ー ̄*) 
あ、そんなことは全然思ってませんでしたよ、またまた感謝の気持ちでいっぱいでした、うふっ。

ところで…
よく女性が、男性が車をバックさせる動作に胸がキュンとなるらしいですが…(笑)
現在、主人は、メタボ的二重アゴですのでね、ん、三重アゴか?
バックするとき、助手席の私、ちょっと胸やけ気味かも(-"-;)
かく言う私は、三段腹でございます(笑)
この記事のURL | 日記 | CM(8) | ▲ top
姉のお喋り運転
2008/09/14(Sun)
今週も1週間、何とか安全運転で(したつもり)、何事もなく無事、生きております(*~.~*)

ところで、私、運転暦20年ではありますが、バック駐車苦手の他に、今だにできないことがあるんです。
それは、CDやラジオなど聴きながら運転できないってことです(-"-;)

よく、主人が乗ったあとに乗ると、エンジンかけた途端ラジオが鳴り出して
「ぎゃ~、うるさ~~い、運転できない~」と即スイッチを消します。
ナビの女性の声も非常に耳障りです…あ、美しい声だからと嫉妬してるわけではありませぬ(笑)
それと、特にピアノのCDはいけません、ピアノの音の方に全神経がいってしましそうです。

あと、喋りながらの運転もダメですね。
一人で乗ることが多いので、それにすっかり慣れてしまってるからでしょうか…。
運転中、横で娘が話しかけてきたりすると「あ~、ちょっと黙っててぇ、今それどころじゃないのよ」なんて、しょっ中(;^_^A
姉を乗せて運転したことが何度かありますが、喋ってる内容、私、殆ど上の空だったりして。
「こないだ、車の中で言ったでしょうに」
「あれ、そうだっけぇ??」(笑)

姉はその点、全然OKな人です。
姉が運転して、私が助手席、二人でペラペラ…姉が一人で機関銃のごとく喋ってるかも(~。~) いえいえ、運転しながら、込み入った話もちゃんと聞いてくれて相談にのってくれる余裕です…混雑した道路でも、難関右折時も。いや~器用な人です。
で、姉の運転は全然怖くないです。やはり中年のオバサン同士、ブレーキのタイミングなど近いもんがあるのでしょうか?

そして更に…
姉、私との会話の合間に、前を走る車、隣を走る車、更に横を通るバイクにも語りかけて?運転してます。昔っから、賑やかというか…いや~口の忙しい人でもあります(笑)
「ん、こんな時に車線変更?アンタそれはないでしょ~!」
「はいはい、目障りだから、とっとと先行っとくれ~!」
「どっち行くんだぁ?早くウィンカー出さんかい!」
「お、先に行かせてくれるのね、サンクス♪」
などなど…。
勿論、外には聞こえないので、私も横でいっしょになって「そうだ、そうだ!」とやってます…下手っぴのくせして、がはは。なかなかオモロイですよ(笑)

運転暦は私より少し長いですが、テニス仲間を乗せてたびたび軽井沢へ行ったりしてまして…友達と喋りながら高速を運転!? 私には絶対そんなことできな~~い!
まあ、経験云々もそうでしょうが、性格そのものも、私と違うのは確かです(;^_^A

バック駐車も上手いですよぉ。うちより一回り大きな車なんですが、殆ど1回で入れます。
おっかしいな~、私の方が運動神経、良かったはずなのにぃ~??(笑)

姉のところ、こないだ新車がきまして、私「ねえ、運転させてよ」と言ってみたんですが、
きっぱり・やっぱり「ダメ!」と言われちゃいましたよ(~。~)
新車のお披露目は、いつものように助手席に乗せてもらって、家のまわり1周でした(笑)

いいもんねぇ、そのうち うちも買い換えるから…LEXUS IS ( ̄ー ̄*)  大嘘!
この記事のURL | 日記 | CM(4) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。