2014 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
入院生活を振り返って
2014/11/15(Sat)
またまたこの話題でありますが…
約3週間の入院生活、6人部屋は差額ベッド代はないので経済的ですが、マイペース&わがまま人間の私には絶対無理だなぁって。30云年前に娘を出産した時は団体部屋だったっけ、皆いい人たちだったし、同じ立場だったから話も合ったんだけど、ず~~と一緒となると、う~んやっぱり周りに気を使ったりで疲れちゃうなぁっていうのが正直な感想で。このたびは、たまたま入院費用の出る保険に入ってたので、ここはもう思いきって個室にしました。

消灯9時でしたが、遅くまでイヤホンなしでTV観れてたし、起床6時で朝ご飯は8時。それまで待てないので、自分で紅茶なんか入れて飲んだりパン食べたり、ゴソゴソと(笑)。好きな時間に、PCしたり、本読んでみたり、CD聴いたり、携帯で家族と話したり、ぼ~~っとしたり…と、かなりお気楽そうですが、常に太ももが痛い・腰が痛い、何をするのもヨッコラッショ状態だったので、決して快適な日々だった というわけではありませぬ(-"-;)

何もせずとも、食事が定時に出てくるというのはいいですねぇ。味は、酢付けのカリフラワー以外は良かったと思います。でも、いっつも冷めてて、それが残念。一度は、おかずだけでも温めようと、電子レンジのある所へ持って行って温めて部屋に戻ったのですが、ちょっと距離があり、歩くのが遅いので、結局は口に入る時は冷めてたりして…ぶ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、個室とはいえ、隣の部屋や近所の方たちとは、廊下で会ったり、リハビリ室などで顔を合わせたりして、お喋りする機会もありました。情報交換、井戸端会議…?(やっぱり圧倒的に女性の患者さんが多かったです)

●Kさん56歳…数年前から右足の股関節がずれ始め、左足より足が3センチ短くなってしまったと。子供の頃に脱臼をしたのが原因ではないかと。で、右足、人工股関節の入れ換え手術をされ、長さも伸ばしてもらったそうです。

●Sさん84歳…数年前に右足の置換手術をされたが、今度は左足の股関節が痛くなり、手術。綺麗な白髪で上品な方だったなぁ。

●Fさん75歳…3年前に某病院で置換手術を受けたが、人工関節のステムと骨との間にゆるみが出てこちらで再手術と。人工関節、だいたいは10年~15年は持つらしいが、こんなに早くゆるみが出て再手術になるとは!?とご本人もショックだったようです。でもとても明るい方で、おしゃべりしてて楽しかったです。
しかし、3年持たないということもあるんだな~~と思いました(-"-;)

●Aさん30歳代…臼骸形成不全ということで、お尻の骨を削って臼骸に移植する手術をされたとか。私がいた時は車椅子だったけど、もう退院されたかな?
骨移植って若い方しかできないんだそうです。歳いった人の骨は移植しても再生しにくいと、私もそういうことです(*´_`)

●Yさん65歳…私と同じ両足股関節手術。私より5日ほど早く手術されたので、Yさんの経過をずっとこっそり気にかけてました。あ、もう歩行器使わずに杖使って歩いてらっしゃる、あ、もう杖も付かれてない…5日後は私もそうなれるかしら??って。Yさん、手術の時は血圧が下がって大変だったそうだ。自己血を2回も輸血したとか(400cc×2)。でも、順調に回復され、退院はやはり私より5日早かった。とても65歳には見えなかったっけ。その後どうされてるかしら?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んでもって、うちのまごいち (・ε・)は10ヶ月ですが、ちょうど同じくらいの月齢のお孫さんがいるという方が結構いらして、Kさん、Yさんはじめ、他にもお二人くらい。タイミング的に、孫が産まれて一段落して、さあ自分の手術を となる傾向があるのかもしれません??

本来は面会は小さい子供は×なのですが、たま~に娘さんがお孫さん連れて来たりしてました。股関節の病棟はそんな深刻な状態の患者さんはいらっしゃらないので、看護師さん、気づいても一緒にあやしたりなんかして…。し~んとした病棟に、赤ちゃんの可愛い声なんか聞えると 心温まりますねぇ。

ということで、まごいち (・ε・)も やってきました
10ヶ月ではありますが、まだハイハイというよりは這いずってることが多く…来てすぐ、私のベッドは占領され、シーツがグシャグシャになり、発する声は他の赤ちゃんよりは大きく、病棟の隅の方まで轟き渡り?…大変ご迷惑をおかけいたしましたo(_ _ )o

でも、ば~ば は元気をもらって、2日後に退院しました♪





スポンサーサイト
この記事のURL | 人工股関節 | ▲ top
近況
2014/11/13(Thu)
手術からもうすぐ1ヶ月です。

まだ、朝起きて2~3時間は、太ももが突っ張ってて体が伸びません(汗)…中腰状態で活動します(朝食、朝ドラ鑑賞、ゴミ出しなど)。 その後は何とか伸びてきて…。

炊事洗濯などの家事全般はすでにやってます、ゆっく~りと(汗)
階段の昇り降りは、大分楽になってきました、以前は這って昇ってましたが、今は手すりにちょっと手を添えながら、普通に昇れます。降りる時の支えがまだ不安だけど…あ~筋肉やっぱりかなり衰えているんだなぁ(*´_`)
外出時、杖は持っていた方がいいのでしょうが、気が付くと杖の紐を手首に通してプラプラさせているので(回復してるってことかな)、このところ持って出ません。
買い物は、車運転して行ってます、自転車はまだ怖い。それで、スーパー内では、カートを使ってます、重い物をもたなくていいし、歩くのにとても安定してます。ご老人の方が、よく押し車を押されて歩いてらっしゃるけど、その安定感というか安心感、実感しております。

夜、ウォーキングに行くようになりました。ほんの300~400米、住宅街をとろとろと。後半、今度は、腰の方が痛いというか突っ張る感じです。
車の往来が激しいところは怖いです。とにかくまだ咄嗟に身をかわせないわけで…。
あ~~サッサと歩きた~い。

先日、☆☆病院で一緒だったKさんからメールが来ました。右足の手術をされ、同じ日に退院しましたが、帰宅してから1週間で、傷口の一部分が腫れ上がり、また病院に行かれたと。何やら糸がちゃんと溶けずに残っていてそこが炎症を起していたそうです。残っていた糸を取り除き、また縫ったそうです。でも早急な処置で大事なく 良かったです。

私の傷口の腫れは、ここ数日でだいぶおさまってきたけど、縫ったところ何か硬いなぁ…糸が残ってるのか?今溶けようとしてるのか?大丈夫なんかい?あともう少しでズボンが履けるんだけど~頼むよ~~、 ダブダブのジャージはどうもしまりがなくてぇ(*´_`)



この記事のURL | 人工股関節 | ▲ top
☆☆病院に決めた理由
2014/11/06(Thu)
最初に変形性股関節症と言われたのは、駅前のクリニックでしたが、いつかは手術も考えなくてはならないからと、その後は 車で15分の大きな□□総合病院に通っていました。行ってもまあ、レントゲンを撮って、痛み止めの薬をもらって帰ってくるというので2年ほど通ってたわけです。

それで、ここ半年、痛みが酷くなって 観念して手術を受ける決心をしたわけですが、手術に関してあらためて 色々と調べてみると…
主人曰く インプラントを入れる手術なんて パターンが決まってるんだから どこの病院でやったって同じだろうと、私も最初はそういうものなんだろうなぁと思ってましたが・・・それが病院によってやり方が異なるということが分かったのです。

結論から言うと、通いやすかった□□総合病院はやめて、都内の☆☆病院(車で1時間ちょっと)で手術を受けることにしました。
理由は…
☆☆病院は、両足同時に手術可能。□□総合病院の方は片方やって、もう片方は半年後くらいと。入院2回しなくてはいけないし、これきついです。
☆☆病院は、小浸襲手技(MIS)といって、患者に負担をかけないよう、傷口をできるだけ小さく、また筋肉をいっさい切らないという術式でした。
一般的には傷口は15~20センチ切るようなのですが、☆☆病院は8~12センチくらい(私は計ったら12センチでした)。
因みに□□総合病院は、術後、足に力を入れて鋭角に曲げたり、例えば椅子に座った状態で膝を内側に曲げたりすると脱臼のおそれがあるので、しないようにと制限がありました。
☆☆病院の方は、筋肉を全く切らない関係で、術後脱臼の心配が全くなく、どんな体勢もとってよいと。これって、かなり重要なことですよね。

「いい病院」の手術軒数、全国ランキングを見ても、股関節に関して、☆☆病院は上位中の上位! (□□総合病院は他の分野で上位でしたが)。入院してわかったのですが、ほんと全国から手術を受けにいらしてました、静岡県や何と鹿児島県からも。

納得のいく病院で手術を受けられて、それは良かったんだと思いますが…
太モモのつっぱり感と痛み、動きの鈍さ、退院時とあまり変わらないです。
一応、家事全般は以前のようにゆっくしやってますが、まあ年単位のリハビリになりそうです。

シャキシャキ動けるようになるのはいつの日か…??

傷口も腫れてるんです。傷そものもは回復してるのですが、どうも中に血液や体液がたまったようで腫れ上がってまして、主治医の先生は1ヶ月もすれば吸収されますよとは仰ってましたが、ズボン履くのにここでひっかかって履けないのです(*´_`)

ヨーカドーへ買い物に行きたいな~~


この記事のURL | 人工股関節 | ▲ top
退院しました
2014/11/02(Sun)
昨日、退院しました! 杖なしで一応歩けるようになった ということで。

でも、ちょっと不安定…後ろからつつかれたら、絶対ドテッと転びそうです。長い距離も疲れてダメだろうし(汗)、足の付け根のあたりの筋肉が突っ張っているし、全体が硬いですし、動きがまだまだ鈍いです。今のところ外出時は杖は必須、持っていた方が安心です。

でも、嬉しいことに、股関節の痛みそのものは本当になくなってます
歩いてる時は勿論、しゃがもうとしても痛くない(まだ完全に自力でしゃがめないのですが)、階段の昇降(まだパッパッパと昇れませんが)、立っててふっと後ろ向いても、靴下はく時も、痛くないんです、ホッ。

でも、まだまだ機敏には動けないわけで…病院の理学療法士の方に教えて頂いたストレッチや筋トレを毎日ちゃんとやっていけば、徐々に良くなっていきますよと言われました、なので頑張らなくては…。

あ、ピアノを弾く時にペダルに足をかけ前かがみになってもズギッと来なくなりました、おお~~、しかし約3週間ぶりノピアノ、指が思うように動かなかったです、こちらのリハビリもしっかりせにゃあ…(*´_`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、夕飯は、お寿司と娘が作ってくれたハンバーグ。そして久々の日本酒~~♪
やっぱり家はいいな~。

私の入院中、旦那と上の娘の二人だったわけですが、買い物に行ってごはんを作り洗濯するのは娘が、お皿洗い掃除機をかけるのは主人が、と分担してやっていたようです。
てか、娘曰く「全部私がやるなんてできないし、嫌だしぃ…」。そそ、リタイアして特に用事もなく日々過ごしている旦那に この際しっかりとやってもらわねば…家事だって、色々と大変なんだから~!私の存在、ありがたみ、わかってくれたかしら(-"-;)


次回は何故 ☆☆病院を選んだか?を書きますぅ…




この記事のURL | 人工股関節 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。