2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初めての美容院…
2006/10/13(Fri)
昨日は、美容院へ。ここのところ何かと多忙だったので、4ヶ月ぶりかしら?

予約を入れようといつものお店に電話したら、何と、その美容院、移店してしまって…急遽、娘の行きつけの美容院に行くことになりました。
この美容院、初めてなのよね。駅の直ぐ近くで、ガラス張りでひときわ目立つ建物に、若いスタッフばかりだったので、何かオバサンの私には入りにくかったんです。でも、一刻も早く、この伸び放題のモサモサ頭から開放されたかったので、止むをえません。

でも、どうしよう、もし若い男性スタッフに当たったら…
以前、他のお店で、BGMにあわせて踊りながらカットするスタッフに当たったことがあったが、そういう人って何かついていけない…(-_-;)
お客さんが来るたびに「いらっしゃいませ~!」と威勢のいい声を張り上げる男性スタッフもいたっけ。ゆっくり昼寝ができないのよね。親切にマッサージしてくれるんだけど、力ありすぎて痛いし…。
ボソボソ。
しかし、カリスマ美容師キムタクみたいなスタッフだったらどうしよう?
私ドキドキしちゃうかも? (*/∇\*)
いや、それも困るのだ。長時間のドキドキはオバサン身が持たない。
(o ̄∇ ̄o)

あ~運良く、女性のスタッフだった。
20代かな?30前くらい?髪が長くて奇麗でモデルさんみたいなスタッフだった。で、格好もやはり今風で、お腹の出てるパンツルック。
(;¬_¬) ねえ、お腹冷えない?

まあそれは置いといて…オバサンとしては、他にも心配が。
この人、オバサンの言うとおりやってくれるかな~?って。

「こちらは初めてでらっしゃいますね。ありがとうございます。今日はどのようになさいますか?」と、予想外にも、ちょっと低音で落ち着いた大人の話し方。百恵ちゃんの声に似てたかも。

結局、ヘアースタイル変えたところで、もはや改善のしようのないこのオバサンのわがまま 「ああして欲しい、ここはこうして欲しい」をちゃ~んと聞いてくれて、ハサミさばきも見事で、私の希望どおりに仕上げてくれました
(*~.~*)
う~ん、ここ数年のカットしてもらった経験から、彼女がNo.1という結論に。

あ、白髪染めはちょっと色濃かったけどね、まあ、洗ってるうちに明るくなるでしょう。おっと、バラしてしまった…汗。

で、他のお客さんも、若い人ばかりでなく、ご高齢の方もいらしたりして。普通は床屋さんに行くだろう中年の男性までいたっけ…。
あ、踊りながらカットする男性スタッフはいませんでした(笑)

あ~~、こんなことなら、もっと早くこのお店に来ればよかった~。
何せ、娘が行っているお店なので、色んな意味で行きにくかったのもあったのです(笑)
今度も是非このお店で、彼女にお願いしようと思いました。

ところで、シャンプーなんですが、このお店、自動シャンプー機なるものがあって、これでしてもらうとシャンプー代タダということなので、ケチな私はこれでお願いしたんですが…。因みに娘は使ったことないようです。
仰向けに寝て、自動シャンプー機なるものに(洗濯機の小さいのみたい)頭を突っ込んで、お湯とシャンプー液が勢いよく自動的に出てくるわけなんですが、その音の凄いこと、ゴ~~~!ザ~~~!と。まるで遊園地のジェットコースターの音みたい。
オバサン、500円浮かすため、耳をふさいでその恐怖に耐えました(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。