2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手術を決心するまで
2014/10/30(Thu)
かれこれ3年くらい前に 何か太いももが痛くなって、それが1週間ほど続きました、特にハードな行動をしたわけでもないのに。普段痛くなるのは腰なのに、太いもも??ってことで、近所の整形外科に行きました。

で、レントゲンを撮ってもらったところ、「変形性股関節症」と診断されました。生まれつきの「臼蓋形成不全」でもあったようです。つまり股関節が」変形していて、その軟骨がかなり磨り減ってしまい、骨同士がぶつかるので痛い、先生から「よく歩けますねぇ」まで言われました(その時点で結構重症だったよう)。
私の 太ももの痛みはそれからくるものと(痛みは関節そのものに出るとは限らず、周辺の筋肉や膝などにも出ることがあるらしい)。

で、「ちゃんと治すには、もう人工の股関節を入れる手術をするしかないですよ」と(若い人だったら、骨の移植とかできるらしいですが、私のこの歳では無理らしい)。

が~~~ん! 私はそれを聞いて、愕然としました!

しかし、先生がおっしゃるには、人工股関節置換術 はそんなに深刻な手術ではなく(命に関わるってわけではないという意味も含めて?)、「術後、数日くらいでヒョイヒョイ歩いてる人もたくさんいますよ~」とあっさり。
本当いそんなもんなのだろうか??? 頭の中 パニック中・・・

とりあえず、痛み止めの飲み薬を処方され様子を見るということに。
その頃って、父や姉が入退院を繰り返してた頃で、私が入院・手術なんてしてる場合ではなかったし、実際、痛み止めを飲めば、まあ動けて普通に(私なりに)生活できてましたし、手術なんて嫌だ~~~と思ってましたから・・・。

が、それから2年半後、この半年、薬を飲んでも全然効かなくなり・・・痛みもひどくなり、歩くのもやっとという状態に。本来なら杖を使用して歩いた方がいいのでしょうが、見栄っぱりの私は傘を杖代わりにしてました(笑)。しゃがむのも辛くてねぇ、何とかしゃがんでも、そこから立つのにどこかに捕まらないと立てない・・・。姉の一周忌の法要で焼香するのに畳で正座しましたが、そこから立てなくなって、旦那に引き上げてもらいましたっけ、情けない。

自転車に乗っても痛みで上手くこげなくなりました。漕ぎ出すのがしんどい、ブレーキをかけてもとっさに足が地面につけられないのです、余計危ないじゃん。車の方が楽でした、運転席によっこいしょと座ってしまえば、あとは動かすのは右足先だけなので。
ピアノの方も、座って右足を動かすというのは同じなので、弾くことはできてましたが、ただちょっと前かがみになると股関節に響き、なものでどうしても猫背ぎみになり、より弾く姿勢が悪くなって行ってました。

とにかく、歩くという動作がやっとで、重い物は持てない、2階には行けない・・・。
そして台所に何とか立って料理していても、ガスレンジの方、冷蔵庫の方、今度は食器棚の方と ちょっと体の向きを変えただけでも股関節がズキッとするようになり・・・。

あ~~~もう限界だぁ となりました。

これ以上耐えていても、動かさない(動かせない)筋肉が、かえって老化・退化してしまう可能性もあるだろうし・・・


続く


スポンサーサイト
この記事のURL | 人工股関節 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。