2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本日雨天なり
2007/07/13(Fri)
ミニコンサート、殆どのことが決まりつつある。
前に進んでいるということなんだ…。

最年長の高2のK君、本人の希望で「月光3」と「飛翔」「トロイメライ」を弾くことになった。小さい子たちに是非いい演奏を聴かせてあげて欲しいです。私もまたさらい直さないと…汗。

小4のW君、コンサート用の曲、コピーして渡したが、先日、今使っている教材の裏表紙に糊付けしてあげた。「これだったら、なくすこともないし、ぺらぺらしなくていいでしょう」と。
しかし、今日は、弟の教材を間違えて持ってきた…あのね~!
(きょうだいで1冊を使うことが結構あるが、W君とこは、お母様の希望で、兄弟で、同じ教材をそれぞれ1冊ずつ使っている)
コピーして渡したのだから、その曲は、うちにあるのは当然なのだが、その本もなかなか見つからなかった。あのね~!実は、ピアノの上はまだ山積みなのです。

小3のH君の追加曲、前回使っていた教材の中から1曲と決めた。お母様にも連絡しておいた。今日は、その教材を持って、ある程度おさらいしてきてくれるものと思っていたが…H君曰く「あの本、なくなったってママが言ってた」と。レッスンが終了した教材を廃品回収などに出すお母様が時々いるようだが…もしかして、そうなのか?

何か、ガクッときたが、↑くらいのことでは、くじけません、先生は。


どうも、気持ちが鬱になってるのは他の理由からかも…
今晩はウナギを食べてみた。元気出るかな?
スポンサーサイト
この記事のURL | ピアノ関連 | CM(3) | ▲ top
コメント
-  -
最年長の高2のK君、中学受験で忙しくて、それでもピアノを続けて中1の頃に
ドビュッシーのアラベスクを弾いた生徒さんでしょうか。
実はうちの子も同じ歳なので、ずっと前からなんとなく気になっていたのですが、月光3楽章を弾くようになったのですね。トロイメライは、きっといろんな経験をして…どんな風に歌い上げてくれるのかなぁー。ゆゆ先生は小さい頃からこの歳になるまで見ていらしたのだから、よくぞここまで…と感慨深いものがあることですしょうね。
小さいお子さんたちは、のーんびり構えてるところが微笑ましいです。私の先生のところもピアノの上、楽譜が山積みで、よく楽譜さがしてますよ~。
ラフマニノフのパガニーニの主題による18番を練習してると両手オクターブで盛り上るところが…手と同じくらい足も広がっていて
2007/07/14 00:21  | URL | シェルあらためせきとりさん #-[ 編集] ▲ top
-  -
すみません。途中でエンターを押したら投稿されてしまいました(汗。
で、両手両足の格好がしこふんでるみたいになってしまうんです。先生宅でしこふむわけにもいかず、お上品にしようとすると苦しくて…足そろえて姿勢を安定させたいのですが…(汗。
どうしましょ^^。
2007/07/14 00:37  | URL | シェルあらためせきとりさん #JalddpaA[ 編集] ▲ top
- シェルさんへ -
シェルさん、おはようございます。
K君、まさにシェルさんの仰るとおりの生徒さんです。よく覚えていてくださいましたね。そうですか、息子さんとおない歳でしたか(^.^

うちのレッスンに来始めたのは、こちらに越してきてからで小5からです。それまで、何年か他の先生に習ってました。来たときに比べると、随分成長してくれました。勉強や部活で忙しいでしょうに、よく練習してきてくれてます。
「月光3」は、正直ちょっと難しい選曲だったかなと…。弾き方によっては、聴くに耐えられないような演奏になってしまいがち。指はよく動いてくれるんだけど…夏休みが勝負でしょうか?と、先生、自分で弾けてないのに、偉げに言ってます(;^_^A
トロイメライも頑張って欲しいです。大きなごつい手であの美しい旋律を奏でてくれる姿は、何とも言えませんね、何かじ~んと来ますよ(笑)


シェルさん、やはりラフマニノフ弾かれるんですね♪

>両手両足の格好がしこふんでるみたいになってしまうんです。
ま~、シェルさんたら~(^.^* ん?「せきとり」さんに改名されたのは、ひょっとして、ここからですか?なんて(笑)

そうそう、あの曲、オクターブの跳躍が多くて、そのご様子わかります。
>足そろえて姿勢を安定させたいのですが…(汗。
上半身を安定させるためには、きちんと足を揃えているというのは、やはり限界があると思います。

いつだったか、中村紘子さんのコンサートで、「メフィストワルツ」を弾かれていたとき、左のおみ足が、床を蹴り上げるような勢いで上がったのが見えました(客席からですよ)。カッコよかったですぅ!
あと、ラベック姉妹のお姉さまの方は、いつもパンツルックで、足の巾は結構デンと開いて演奏されてたと思います。このお姿も惚れちゃいました。

余談ですが、私は、普段から、ちょっと開きぎみかもなのですが、しか~し一度、ある先生から「あなた開きすぎよ!」と注意されたことがありました(*/∇\*)
2007/07/14 09:28  | URL | ゆうゆう #2PRdxZIg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。